米国で飛び出した新聞「NPO化」論

2011年12月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

日本新聞協会発行の「新聞研究」11月号の記事「変わりゆくジャーナリズムと担い手」が示唆に富む。筆者は朝日新聞の山中季広ニューヨーク支局長。「9・11」以降の10年間に米国の新聞は「直近の5年だけで200紙以上の地方紙が休刊した。20年前まで全米に計6万人いた新聞記者は、今や4万人に減った」といい、ワシントン・ポストのレオナルド・ダウニー元編集主幹は「歯止めをかけるには、報道機関をNPO化し、寄付を受けやすくし、各大学に報道機能をもたせるべきだ」と提案する。米連邦通信委員会(FCC)が今年末発表する調査報告書「コミュニティーから見た情報の需要」も重要だ。米誌「ニューズウィーク」の元記者、スティーブン・ワルドマン氏らが全米を調べた結果、地方紙が休刊した地域で不祥事が頻発しているという。一例はカリフォルニア州ベル市で昨年発覚した公金着服事件。地元紙が98年ごろ休刊 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。