首都震災に備え「大阪強化」に動くNHKや共同通信

2011年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「首都震災」に備えて、NHK、共同通信、朝日新聞など主要メディアが「大阪バックアップ機能」強化に動きだした。だが、大阪は原発依存度の高い関西電力管内。電力供給に不安があり、津波被害も予想される。果たして適地なのだろうか。NHKは10月25日発表した経営計画の中で、東京・渋谷の放送センターが被災した場合に備え、大阪放送局のバックアップ機能の強化を打ち出した。設備投資額は106億円と莫大だが、數土文夫経営委員長(JFEホールディングス相談役)は「視聴者への還元策として実施する」と胸を張った。「いかなる時にも、みなさまの安全・安心を守るための情報を、いち早く正確に提供し続ける」――。「災害報道のNHK」の看板を守るため、カネに糸目はつけない。実際、大阪放送局のバックアップ対策は進んでいる。災害、テロなど不測の事態により東京の放送センターが機能しなくなった場合は、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。