民間版「国家戦略会議」が台頭

司令塔とは名ばかりの政府の戦略会議。在野の論客を集めた提言組織「日本創成会議」がお株を奪いかねない。

2011年12月号 POLITICS [ 拠点は「日本生産性本部」]

  • はてなブックマークに追加

「政府・民主三役会議」「包括的経済連携に関する関係委員会」「首相の記者会見」――。11月10日。首相官邸を忙しく人が行きかい、政権の最高意思決定プロセスが粛々と進んだ。首相の野田佳彦が米国など9カ国で続く環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加問題でやっと「決断」したからだ。その日に「国家戦略会議」の出番はなかった。首相の肝煎りで創った「重要政策を統括する司令塔」のはずが、決定ラインから外れた「審議会」にすぎない実態を露呈した。推進、反対両派が激しくぶつかった主戦場は9日夜までもつれた民主党の経済連携プロジェクトチーム(座長=前経済産業相・鉢呂吉雄)だった。これに先立ち、国家戦略会議が初会合を開いたのは10月28日。国家戦略相の古川元久が通り一遍のブリーフィングしかしなかったため、会議の始動を1面で報じた全国紙は皆無という冴えない滑り出しとなった。こ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。