「打倒松下政経塾」日本政策学校の挑戦

2011年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「松下政経塾に勝ちましょう!」佐賀県の樋渡啓祐・武雄市長の掛け声に、会場に集まった100人を超える人々の間からは、大きな拍手と歓声が湧いた。11月26日に開校する「日本政策学校」の「開学前記念シンポジウム」での一幕だ。新時代の政治家育成を目指して開校する同校は、実にユニークだ。「主義・主張を超えた議論を身につけさせる」ことを目的に、多彩な講師を迎えた。野中広務・元内閣官房長官、野田聖子・元郵政相、長妻昭・元厚生労働相、蓮舫・行革担当相、塩崎恭久・元内閣官房長官など、文字通り「超党派」だ。講義もユニーク。例えば、実践を重視するため、受講生は国会議員になったつもりで「議員立法」を学ぶ。この講義では、実際に議員立法を行ったことがある野田、塩崎両議員が講師を務める。地方自治を学ぶ場合も、受講生自身が首長(知事、市長)になったと仮定して「首長マネジメン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。