林オリンパス社外取締役の「蜜」

「獅子身中の虫」が社外取締役という悪い冗談。これが日本式コーポレートガバナンスの実態か。

2011年12月号 BUSINESS [調査報道第4弾]

  • はてなブックマークに追加

土壌に根を生やさず、木や石に付着して光と水分を確保する植物を「気中植物」という。それを社名アングラムの由来とした個人企業のオフィス(日本橋)に電話してみた。「林純一さん、ご在席ですか」「いません、誰にも会いたくないと言ってますから」。ガチャン!間違いなく本人だった。オリンパスの社外取締役である。慌てて居留守を使った理由を本誌は知っている。10年前の「マイカル論争」をご記憶だろうか。大手スーパーのマイカルが1999年に自社店舗を証券化した日本で最初期の商業不動産担保証券(CMBS)をめぐって起きた大論争である。賃借者マイカルが01年に破綻し、買収したイオンとの間でCMBSの債権性が争われた。このスキームに、もとは野村証券事業法人部のオリンパス担当で、パリバ証券(現BNPパリバ証券)債券部長に転じた林が深く関与し、ハイリスクの優先株部分にオリンパス一社から30 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。