日本と真逆「ケイン999税」人気

米大統領選の“穴馬”が、フラットタックスでガラス張りにしようと提案。増税だけが処方ではない。

2011年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

来年11月の米大統領選挙で現職のバラク・オバマ大統領に勝てるのは誰か――雪辱を期す野党共和党の指名候補を絞りこむキャンペーンが、これから大詰めを迎える。大統領選キャンペーンはシンプルなアイデアを旗印に勝つものだ。たとえば希望、前進、思いやりといったアイデアである。では、ハーマン・ケインはどうか。このピザ・チェーン元経営者の黒人候補は、税制改革を掲げてレースの先頭に躍り出た。大統領選の候補者はしばしば、ワシントンの政界実力者たちやメディアの受けを狙って、国の行く末を真剣に考えているのは自分たちだとばかりに、わかりにくい政策を振りかざす。ケインは違った。今や日本でも有名になった「999」(ナイン・ナイン・ナイン)政策――所得税と法人税、売上税(消費税)の税率を原則9%にそろえるというプランを掲げ、従来の共和党支持層とは違う層をターゲットにしている。

税制「密室取引」なくす 

………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。