橋下が抱えた時限爆弾「知事候補・松井一郎」

2011年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「松井さんに決まったのだから、それ以上の経緯は発表しません」「(知事後継候補として)意中の人がいたし、内諾を得ていた。それは維新の会以外というのも事実だから、ウソにはならないと思う」大阪維新の会の幹事長、松井一郎府議(47)を、府知事後継候補に擁立する記者会見で、橋下徹大阪市長候補は気色ばんだ。「後継候補は松井氏」と報じられた後も、橋下氏は「意中の人は維新の会以外」と言い続けたため「ウソをついたのではないのか」と問い詰められたものの、松井氏を後継候補に選んだ経緯は明らかにしなかった。大阪府八尾市選出の松井府議は、父親の後を継いで出馬した二世議員。自民党時代から「橋下シンパ」として本庁舎を大阪湾沿岸部のWTC(現咲洲庁舎)に移転することに同調するよう働きかけ、いち早く自民党会派を離脱し、橋下与党の会派を立ち上げた。その後、自民党などから議員を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。