iPhone4Sで通信「土管化」

稀代のカリスマ最後のガジェット。KDDI併売で人気沸騰だが、通信事業は「渋滞」に追い詰められていく。

2011年11月号 BUSINESS [ジョブズの遺産]

  • はてなブックマークに追加

10月5日午後、サンフランシスコ郊外で末期膵臓がんのアップル創業者、スティーブ・ジョブズ(56)が死んだ。信者を熱狂させてきたカリスマは、死までも劇的に彩った。前日に新型スマートフォン(スマホ)「iPhone4S」が発表されたばかり。「4Sはfor Steveの意味」という噂がネットを駆けめぐる。彼を悼むキャンドルサービスや献花が、嫌が応でも4Sの前人気を高めた。噂が先走っていたiPhone5ではなく、前モデルから性能面を進化させただけの4Sだったため、当初はメディアに「期待外れ」と言われたが、たちまち追悼ムードに呑み込まれた。8月にジョブズの後釜となったティム・クック新体制のもとで、同じ筐体の“中身だけ”進化した版に「5」を冠しては、ファンに叩かれると恐れたのだろう。だが、CPU、無線チップ、カメラなどの総入れ替えは十分「5」に値すると見直されるようになった。そして10月14日、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。