政治家ポイ捨て「AKB48」並み

2011年11月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

Turning Japanese(日本化)などと貶(けな)されて、トホホと思わない日本人はいまい。7月の英エコノミスト誌は、しょぼくれた煙をあげる富士山を遠景に、冴えない顔をした羽織のオバマと花魁(おいらん)姿のメルケルを並べる表紙だった。リーマン危機から3年、再びデフレに直面してふがいない欧米の政治は、どうやら「失われた20年」の日本を連想させるらしい。小泉退陣から5年、野田佳彦総理で6人目と短命内閣が続いては無理もない。……だが、待てよと思う。政権の短命が先進国共通の宿痾(しゆくあ)なら、政治家が高速で消費され、賞味期限が切れたら使い捨ての日本は、有権者の政治家いじりでは先陣ではないか。総理も単なるキャラ。小泉ライオン丸に始まり、下痢ピー、チンパンジー、未曾有、鳩ポッポ宇宙人、スッカラ菅まで、「ポケモン」カードを交換するようにとっかえひっかえだ。AKB48総選 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。