「プロミスTOB価格」報道にインサイダー疑惑

2011年11月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

9月30日に三井住友フィナンシャルグループ(FG)が発表したプロミスのTOBについて「新聞報道を利用したインサイダー」との噂が飛び交い、証券取引等監視委員会が三井住友FGのヒアリングに乗り出すとの見方も出てきた。事の発端は日経、読売両新聞の30日付朝刊のスクープ。両紙はタイミングを計ったかのように、三井住友銀行がプロミスを100%子会社化すると報じた。問題は読売が「取得価額は最大800億円」と「この種の報道では御法度」(大手紙経済部記者)とされる価格を書いた点だ。マーケットは「明らかなリーク記事。信憑性が高い」(機関投資家)と評価したが、三井住友FGは当日午後3時すぎまで、TOB価格を発表しなかった。その間、プロミス株に買い注文が殺到し、ストップ高になった。折しもこの日、プロミスへの利息過払い請求を巡る最高裁判決が出た。同社に不利な判決となるとの憶測から株価は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。