三井住友役員に「GSの凄腕」M&A攻勢かける?

2011年11月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三井住友銀行の役員人事が話題を呼んでいる。小野種紀顧問を執行役員に抜擢し、投資銀行部門の副責任者兼経営企画部の副担当に据えたからだ。4月に入行した小野氏の前職は、米投資銀ゴールドマン・サックスのM&Aバンカー。弁護士資格を持ち、数々の大型案件、資金調達を手がけ、GS日本法人の持田昌典社長が重用した「三奉行」の一人だ。小野氏の抜擢により、「三井住友がM&A攻勢をかける」との見方が広がっている。小野氏が「経営企画部副担当」を、車谷暢昭常務執行役員から引き継いだ格好だが、車谷氏は東京電力への資金繰り支援に際し、東電や政府関係者との調整役を務め、「原子力損害賠償支援機構スキームへの道筋をつけた」(経済官庁幹部)と評価が高い。その車谷氏が今回の人事では経営企画部門を離れ、小野氏と同じ投資銀行部門の副責任者に移った。これを見たメガバンク幹部は「東電対応も小 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。