復興予算23兆円は「途方もない無駄遣い」

東北3県の被害額は、実は6兆円にすぎない。血税23兆円は無駄な事業に使われ、将来世代の負担となる。

2011年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

政府は、東日本大震災での被害額を16
.9兆円とし、そのための復興予算を19兆円から23兆円としている。また、その費用が将来世代の負担となることを避けるために、国債ではなく、増税で賄わなければならないと主張している。そもそも、被害額が16.9兆円なのに、なぜ復興予算が23兆円になるのかも分からないが、実は、東日本大震災での被害額は6兆円にすぎない。23兆円は無駄な事業に使われ、将来世代の負担となる。

16兆円も壊れていない

東日本大震災の被害額16兆円という数字は、震災直後の内閣府の試算から始まるが、これは仮の数字にすぎない。その後、内閣府は16.9兆円と推計しなおしたが、大雑把な内訳だけで、詳細な根拠は何もない。この金額から出発して、巨額の増税が必要という議論になるのだが、16
.9兆円も壊れているはずがない。被害の大きかった福島、宮城、岩手でも、内陸部に入れば被害は限られている。この ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。