「オウム研究」の井上順孝教授が宗教学会の頂点に

2011年11月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本宗教学会は9月、井上順孝國學院大教授を会長に選出した。同学会は80年の歴史を持ち、このジャンルにおける最大の学術団体である。会長になった井上氏は宗教社会学を専攻し、主に現代の宗教や宗教教育について考察してきた。その井上氏が責任編集者となった本が最近出版された。『情報時代のオウム真理教』(春秋社)がそれである。オウム真理教事件は大きな教訓をいくつも残した。その一つが、研究者の社会的責任の在り方である。日本女子大に勤務していた宗教学者の島田裕巳氏はオウムを「好意的」に評価し、学生に入信のきっかけをつくったなどと非難された。同じく宗教学者の中沢新一氏も擁護的だったとして批判を浴びた。一方、積極的な関与はないにせよ、ほとんどの宗教学者はオウムの台頭に無関心で、懸念の声を上げなかったのも事実であり、事件後も再発防止に資するオウム研究が広がったと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。