カネがなくなった小沢一郎

「ポスト小沢」の本命、細野原発相でさえ、どこまでついていくか。カネの切れ目が縁の切れ目。

2011年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

10月6日午前、東京地裁で始まった政治資金規正法違反の初公判で、民主党の小沢一郎元代表は「検察は小沢一郎を標的にし、政治的、社会的に抹殺する目的だ」と吠えた。が、その直後、有罪判決を受けた小沢の元秘書、石川知裕衆院議員は記者団に「(判決がでる予定の)来年の4月まで小沢さんは動けない。影響を行使する力が弱まるでしょうね」と冷静に分析してみせた。前日5日には、都内のマンションにある小沢氏の個人事務所を、小林正枝、三宅雪子、相原史乃、青木愛氏ら小沢グループの女性議員が、次々に激励に訪れた。三宅氏が法廷闘争の行方を気遣うと、小沢氏は「大丈夫さ」と答えたという。小沢グループは約120人。民主党内最大の勢力を誇る。菅政権が退陣に追い込まれたのは、小沢氏が内閣不信任案に同調する構えを見せ、揺さぶったからだ。小沢氏の力の源泉は「数」と「カネ」であり、詰まる所は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。