「絶好調」韓国車メーカーのアキレス腱は強すぎる労組

2011年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米国市場の販売シェアでトヨタ、日産、ホンダに肉薄するなど韓国の自動車メーカーがグローバルな存在感を増しているが、韓国側の日本の自動車メーカーへの評価は依然として高い。韓国第2位の自動車メーカー、起亜自動車の幹部は「我々韓国メーカーがいま好調なのは、カネがかからないデザインやマーケティングなど『表層の競争力』を強化した結果だ。日本メーカーは品質や技術など、より本質的な『深層の競争力』を保持している。表層の競争力を強化すれば日本メーカーは必ず復活する」と話す。平たく言えば「日本車の品質は優れているが、デザインや価格、マーケティングによる付加価値の組み合わせが上手くない」という評価である。また、もう一つの成功要因として「08年のリーマン・ショック以降の消費者ニーズの変化も韓国側に有利に働いた」と指摘する。それまでの大型車から中・小型車へ需要がシ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。