中国「団派」李李コンビの天下

「北戴河会議」後の地方人事で共青団派が完勝。次期政権は李克強と李源潮の二枚看板か。

2011年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

前号の記事「習近平に『後継外し』包囲網」で指摘したように、7月24日~8月10日に開催された「北戴河(ベイダイフー)会議」で、中国共産党最高指導部内における共産主義青年団派(団派)の躍進と江沢民(チヤンツーミン)(前国家主席)派の凋落が決定的になった。それを象徴する地方のトップ人事が、8月25日から29日にかけて公表された。まず、河北省長だった陳全国(チエンチユエンクオ)がチベット自治区党委員会書記に昇格(編集部注=中国では党が政府の上位にあり、省長よりも省党書記の方が格上)。入れ替わりで同自治区書記だった張慶黎(チヤンチンリー)が河北省党委員会書記に横滑りした。陳全国は共青団中央の幹部経験はないが、団派のホープで次期首相有力候補の李克強(リークーチアン)第一副首相が河南省長を務めていた時代に5年間右腕として働いた。二人は親友の間柄だ。中国にとって ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。