一川「素人」防衛相が大チョンボ

普天間のカギを握るグアム米軍基地工事。ピンチの日本勢が縋る準州知事に礼も言えず。

2011年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「私は安全保障に関しては素人だが、これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」9月2日、野田内閣の認証式の前に、防衛大臣、一川保夫が記者団に語ったこの発言に、防衛官僚らは凍りつき、国民は失笑した。それはそうだろう。中国は経済の急激な発展を背景に軍事費に膨大な予算を割き、アジアで圧倒的な存在感を示している。一方、日本が頼みとする同盟国、米国は長引く景気低迷に苦しみ、バラク・オバマ大統領は今後10年間でおよそ3兆ドル(約230兆円)の財政赤字削減計画を9月19日に発表して、国防費に大ナタを振るうことになった。アジアでの米国のプレゼンスは確実に低下すると予想されている。日本を取り巻く軍事状況が様変わりしようとしているこの時期に、国防のトップが自ら「素人」と発言、それを文民統制とはき違えるのだから、自衛隊関係者が天を仰ぐのも無理はない。その素人大臣 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。