撤退する「英テスコ店舗」をイオンとウォルマートが争奪か

2011年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

世界3位の小売業、英テスコが日本市場から撤退する。テスコが首都圏を中心に展開する約120の小型店をめぐり、国内最大手のイオンと世界最大の米ウォルマートが関心を示しており、日米の流通2強を軸に争奪戦が展開されそうだ。テスコは03年、ディスカウント店「つるかめ」「つるかめランド」を運営するシートゥーネットワークを約330億円で買収し、日本市場に参入。低価格のプライベートブランドを武器に安売り攻勢を仕掛けたが、「国内勢に品ぞろえで対抗できず、日本市場から新興国に成長戦力の軸足を移す」(欧州系投資銀行)ことになった。もともとイオンは首都圏の店舗網がライバルのセブン&アイ・ホールディングスに比べて手薄なうえ、主力の業態を郊外型の大型ショッピングセンターから都市型の小型店「まいばすけっと」に切り替えており、「テスコの小型店は喉から手が出るほど欲しいはず」(コ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。