愛知の自動車関連工場が「人手不足」で悲鳴

2011年10月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

愛知県など東海地域の雇用環境が急速に改善してきた。トヨタ自動車をはじめ自動車関連企業が震災時の遅れを取り戻すべく大規模な増産に動いており、期間従業員を大々的に募集しているためだ。トヨタが4千人、デンソーが1200人など、リーマン・ショック以来なかった規模で人集めに動いている。とはいえ、この好況はそう長くは続かない。トヨタの場合、今年度いっぱいは一日1万5千台レベルの高水準の生産が予定されており、足元では「プリウス」などのエコカーを大増産中だが、来年春にはエコカー減税も打ち切られ、勢いが衰えるのは必定だ。今回、トヨタは期間従業員に1人あたり10万円の特別手当をつけると言い出した。月21日勤務で日給は9千円。残業や夜勤を加えると月収25万円になるうえにこの大盤振る舞いだ。さらに、寮費(1人部屋)無料、寝具無料貸与、食費補助1万円などと宣伝している。派遣会社 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。