新聞協会賞は内輪の論理で決まる「勲章」

2011年10月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

今年の新聞協会賞が決まった。「ニュース部門」は、毎日新聞東京本社の「『力士が八百長メール』のスクープをはじめ大相撲八百長問題を巡る一連の報道」が選ばれたが、「いったい、いつの話だっけ」と間遠な感のある報道だ。東日本大震災関連では、TBSが東電福島第一原発の吉田所長単独インタビューなど2本を応募したものの、パンチ不足で落とされた。震災以外では朝日がウィキリークスから入手した米外交公電をもとにした「一連の特報」を、共同通信がメア前米国務省日本部長の「沖縄差別発言スクープ」を出したが、いずれも選外。日経はみずほ銀行・みずほコーポレート銀行合併の特報で応募したが、日立製作所と三菱重工業の経営統合という幻のスクープの記憶が生々しく、ほとんど相手にされなかった。さすがにスクープ部門の迫力不足に気が咎めたのか、「写真・映像部門」は3件とも震災ものに。毎日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。