TPPは 「抵抗4大臣」と前原の力比べ

筋金入りの鹿野、はぐらかす枝野に加え、「転向組」の玄葉、平野が陣取る新内閣。「平成の開国」への道は険しい。

2011年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

野田佳彦首相は「党内融和」を御旗に国政の停滞を打破しようとしているが、鉢呂吉雄経済産業相が「ほら、放射能」や「死のまち」という失言で辞任に追い込まれ、出鼻をくじかれた。菅直人前政権が途中で投げだした「平成の開国」を推し進め、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を早期に決断できるのか。閣内に抵抗勢力を抱え、首相の突破力が問われよう。「日本が世界のヒト、モノ、カネ、知恵とリンクするために、全世界との経済連携を進める」――。野田首相は政権構想で高らかに宣言した。野田ビジョンとして、経済連携の重要性を訴えた部分である。だが、「全世界との経済連携」は単なる総論にすぎない。日本にとって当面の焦点になっているTPPについて、構想では直接触れなかった。TPPは、米国や豪州など9カ国が交渉中で、米オバマ政権は11月にハワイで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。