国税OB税理士「面倒みます」会社

顧問先の斡旋はもう役所に甘えられない。そこで大物先輩が後輩に手をさしのべたが、評判はイマイチのよう。

2011年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

タックス・ゲート(税の門)とは、なんともシンプルで分かりやすい社名だ。この門をくぐると、国税OB税理士を紹介してくれる。税務調査に怯える企業にとって、「当局の視点」を持つOB税理士は「防人(さきもり)」である。彼らには、国税に対する防御を伝授してもらう一方、「お手柔らかな調査」を期待する。驚いたことに、企業と国税OB税理士を結ぶ絶妙なマッチングシステムの会社は、昨年9月にタックス・ゲートが東京都千代田区に設立されるまで存在しなかったのである。理由は、国税局が制度としてOB税理士を斡旋していたからだ。幹部職員(税務署長、国税局部長など)は、確定申告作業が一段落する毎年7月になると、定年まで1~2年を残して「勇退」するのが慣例だった。人事の停滞を避けるのが目的だが、そうなると早期退職分の生活保障が必要になる。幸い、国税OBは23年以上勤務し、一定の講習を受 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。