「敵失待ち」自民党は年末がヤマ

足元がふらつく谷垣執行部。「野田政権を追い詰めないと自民党は終わりだ」(幹事長経験者)

2011年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

低姿勢で守りを固めている野田政権に対し、自民党の解散戦略が狂い始めている。鳩山、菅両政権を退陣に追い込み、そのまま「年内解散」という勢いはどこへやら。早急に野田政権にダメージを与えることができなければ、自民党は結党以来の危機に陥りかねない。「柳川鍋は煮れば煮るほど、ぐずぐずになって骨まで溶ける。形のない人を攻めるのは難しいものだ」野田政権発足前日の9月1日。自民党宏池会の例会で挨拶にたった古賀誠元幹事長の声は暗かった。「ドジョウ内閣」と話題を振りまく野田佳彦首相は意外に手強く、これまでの追及一辺倒では自民党は苦戦するだろう――。そんな懸念を、江戸発祥ながら地元・福岡県柳川市の名物料理となっている「柳川鍋」になぞらえ、自民党執行部に警鐘を鳴らしたのだ。これまで執行部は、子ども手当などマニフェスト(政権公約)の見直しを約束した民主、自民、公明3 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。