河上秀日記と河上芳子

逮捕と結婚を見守った母

2011年10月号 連載 [日記逍遥 第33回]

  • はてなブックマークに追加

昭和8年9月10日、河上肇の次女芳子は、大森ギャング事件の共犯として逮捕された。母親の秀に面会が許されたのは12日後で、その日の河上秀日記にはこう記されている。「すつかり元のお嬢さんになつて、少しやつれ、色が青くなつて居た。顔を見ると一杯涙をため、とう〳〵わたしの膝に折ぷして泣き出した」前年10月、日本共産党の活動資金調達のため、河上秀の実弟大塚有章他3名は大森の川崎第百銀行を襲撃したが、芳子はそのとき、現金を運ぶ車に訪問着姿で同乗し、有章の非常線突破に一役かう。そのまま二人は逃走し、かくして河上秀は、すでに夏から身を隠していた夫を加え、身内3人が地下に潜るというまさに異常な事態に遭遇する。昭和8年1月、まずは弟が、続いて夫が逮捕され、9月には娘の身柄も確保される。ほどなく夫は治安維持法違反で5年の刑が確定、小菅刑務所に移送され、娘は計画を知らなかっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。