習近平に「後継外し」包囲網

来秋の党大会をにらみ最高指導部が北戴河で秘密会議。江沢民退場と厦門事件が痛手になり、風前の灯か。

2011年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

7月23日に浙江省温州市で起きた高速鉄道の追突事故は、その他の重大ニュースに対する人々の関心をかき消してしまった。事故当日から8月10日までの19日間、胡錦涛(フーチンタオ)総書記(国家主席)を筆頭とする共産党中央政治局常務委員会のメンバー9人が、公の場から忽然と姿を消していた事実はほとんど知られていない。例えば8月1日は人民解放軍の建軍記念日だったが、記念式典に常務委員が出席したとの情報はない。この期間に動静が大きく報じられたのは、7月28日に高速鉄道事故の現場を訪れた温家宝(ウエンチアパオ)首相くらいだ。高速鉄道事故のニュースに世間の目が釘づけになっていた時、中国の最高意思決定機関のメンバーは“集団失踪”していた。彼らは一体どこで何をしていたのか。その答えは、党幹部の避暑地として知られる河北省の北戴河(ベイダイフー)に集まり、来秋の共産党全国代表大 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。