「韓国製部品」に雪崩を打つ日本の自動車メーカー

2011年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本の自動車メーカーが雪崩を打ったように韓国の自動車部品の購入に走りだした。その先陣を切ったのは外資(仏ルノー)の傘下にある日産自動車。韓国の自動車部品大手、万都(京畿道平沢市)にショックアブソーバーなど410億ウォン(約30億4800万円)相当の部品を発注し、最大手の現代モービス(ソウル市)との間でもモジュール(機能部品)の購買交渉を進めている。さらに、三菱自動車と富士重工業も現代モービスに合計2億3300万ドル相当の自動車用照明モジュールを発注した。ダイハツ工業は韓国部品大手のS&T大宇(釜山市)に100億ウォン(約7億5千万円)相当のショックアブソーバーを発注した。こうした動きを受けて、トヨタ自動車も韓国製部品の導入を検討し始めた。万都、現代モービス、S&T大宇はいずれも韓国自動車メーカーと密接な関係にあり、日本の乗用車完成車メーカーの国内工場に部品を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。