東京スター銀行売却先に新生、あおぞら両銀が浮上

2011年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

金融庁主導による新生銀行とあおぞら銀行の合併計画が破綻して1年以上が経過したが、当局にとって「新生とあおぞらの合併失敗は“ノドに突き刺さった骨”」(大手銀行幹部)だった。が、ここに来て、東京スター銀行を絡めた処理スキームが浮上している。新生、あおぞら、東京スターはいずれもファンド株主が撤退モードに入っており「当局は一気にカタをつけたがっている」と囁かれる。カギを握るのは東京スターの行方だ。同行は08年、国内大手投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(AP)の傘下に入ったが、リーマン・ショック後、不動産融資などが焦げ付き、11年3月期まで2年連続赤字に陥った。このため、APに買収資金を貸し付けた米ファンドのローンスターや新生などが今年6月、経営権を握った。そのローンスターは「もはや邦銀経営に関わる気力がない」(米投資銀行)ため、野村証券を財務アドバイ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。