江沢民の退場が開けた 厦門の「パンドラの箱」

中国史上最大の汚職「事件」の主犯が強制送還。次期最高指導者、習近平の前途に暗雲が漂う。

2011年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

7月6日に駆け巡った「江沢民(チヤンツーミン)死去」のニュースは、全世界の注目をさらった。前国家主席の江は7月1日に北京で挙行された中国共産党の建党90周年記念式典に姿を見せず、重病説が流れていた。そんななかで香港のテレビ局、亜洲電視が6日夕刻に「江沢民が死去した」との第一報を流し、日本の産経新聞は号外を発行。中国国内では山東省政府系のニュースサイト、山東新聞網のトップに「江沢民追悼」の大見出しが出現した。

政治生命は事実上終了

国営通信社の新華社は翌7日、江沢民の死亡説を「単なる噂」と否定する記事を配信。亜洲電視は誤報だったとして謝罪し、山東新聞網はウェブサイト全体が閉鎖された(編集部注=産経新聞は訂正を出していない)。だが、中国では指導者の健康状態は国家機密であり、死亡日が“操作”されるのは常識だ。江沢民が仮にまだ生きているとしても、健在を示す情報はどこにもない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。