「来年度の消費税率アップ」を目論む財務省

2011年9月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

菅直人首相の継続であれ、財務省待望の野田佳彦首相の誕生であれ、政界再編や連立組み替えがなければ、不安定な政権運営に変わりはない。日本の衰退が現実味を帯び始めても、経済財政を軽視し、政争に明け暮れる永田町の危機意識は薄い。日本の経済財政は試練の秋(とき)を迎えた。「米議会の債務上限引き上げ交渉も増税や歳出削減が焦点だが、これは財政赤字をどう減らすかの話。一方、日本は必要な借金の穴埋めをどう覆い隠すかという話だ」――。東日本大震災の復興基本方針の策定作業が大詰めを迎えた7月下旬、財務省幹部は民主党内で相次ぐ増税反対論に苛立ちを強めた。「通常の国債とは別枠で償還期間5年の復興債を約10兆円発行、その償還財源を確保するため2012年度から時限増税を実施。あわよくば増税には消費税を充てる」というのが財務省の基本戦略だった。だが、政府が7月29日に決定した復興 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。