壊れる競馬中継「50億円利権」

鳴り物入りBS新番組が大コケ。売上高大幅減少で、テレビ局への“献上金”の見直し必至。

2011年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「一体あんな競馬中継、誰が見るんだよ。パドックも返し馬もレースの振り返りも、何から何まで中途半端。競馬ファンを馬鹿にするのもいい加減にしてほしい」日本中央競馬会(JRA)が電通を使って1月から鳴り物入りで始めた「BSイレブン競馬中継」が散々の評判である。衛星放送(BS)は地上波放送とは異なり、世帯視聴率は算定されていないが、算定可能であれば視聴率は業界用語でいう「星印」が確実。星印とは1%以下の符丁で、地上波民放局なら番組打ち切りに直結する数字なのだ。昨年までの競馬中継は、電波の特性にあわせた3段構えで放送されてきた。地上波VHF局は土曜がテレビ東京、日曜がフジテレビで通常それぞれ15時から16時までの約1時間の時間帯だった。地上波UHF局は千葉テレビ、テレビ埼玉、テレビ神奈川が関東圏のレースを中心に12時30分~15時、16時~17時の合わせて約3時間半を放送した。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。