喜多・日経社長が「中文・英文発信」で檄

2011年9月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

日本経済新聞社が海外事業を二つ立ち上げる。一つは「中文サイト」だ。日本の情報を中国語で発信する電子媒体を年内に開設する計画だ。成長が続く中国市場への足がかりとする目論見で、日経本紙を中心に日経産業、MJなど専門媒体や日経BPの雑誌記事も含めてタイムリーに中国語に訳してネット配信する。購読料は不要で、収入は中国に進出する日本企業の広告で稼ぐ計画。翻訳する記事は中国人の視点を重視して選ぶ。もう一つはアジアの情報を英文で欧米に届ける「外|外」の情報発信だ。喜多恒雄社長は7月21日の全社部長会で「国内のマーケットが小さくなるなら、マーケットを海外に広げていくのは(企業として)普通の考え方だ。しかし、日経の日本語の情報をそのまま海外に持っていっても、売るのは難しい。海外マーケットで通用する情報・コンテンツをどう構築していくのか、真剣に考えるべき時期だ」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。