菅と手を組む朝日が「脱原発」世論誘導

2011年9月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞が「脱原発」に大きく舵を切った。7月13日朝刊1面に大軒由敬論説主幹による論文「いまこそ政策の大転換を」を掲載、14、15面の見開きで社説特集を組んだ。それぞれに「提言 原発ゼロ社会」の見出しが躍っている。朝日が原発報道の姿勢を「No,but」から「Yes,but」に変更したのは1979年の夏。「立ち止まって原発を考えよう」と題する社説を掲載(88年4月26日)したこともあるが、基本は推進の立場だった。32年ぶりの「転向」ということになる。朝日が「政策の大転換」を訴えた夕刻、菅首相が記者会見で「原発に依存しない社会を目指す」と宣言。朝日は翌14日の社説で「首相の方針を歓迎し、支持する」と書いた。朝日と首相が共鳴する異例の展開である。この展開は偶然なのか。民主党内からは「菅さんは星(浩・編集委員)に乗せられた」「明らかな朝日の世論誘導」と酷評も聞こえる。同紙の若 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。