海江田の古賀「飼い殺し」 切るに切れない改革派官僚

2011年9月号 連載 [政々堂々 第33回]

  • はてなブックマークに追加

経済産業省の改革派官僚として知られた古賀茂明大臣官房付(審議官級)の身分が完全に「宙に浮いた状態」になっている。退任した松永和夫経産事務次官から6月15日に退職勧奨を受けたが、古賀はこれを拒否。その後、7月28日に直接対決した海江田万里大臣からは「辞める辞めないは君の自由だ」とはっきり言われている。当初の退職期限だった7月15日はとっくに過ぎた。古賀自身も「これから自分の身がどうなるのか、さっぱり分かりません」と苦笑する。さて「古賀問題」はどうなるのか。それ以上に、いったい何を問うているのだろうか。*古賀はもともと経産省のエリートコースを驀進していた。若手の登竜門である大臣官房会計課の法令審査委員を務め、産業組織課長、経済協力開発機構(OECD)に出向した後、産業再生機構の執行役員を務めダイエー再建などに辣腕をふるった。この後、本省に戻って経済産業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。