「原子力政策」は公明・創価学会の鬼門

2011年9月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

公明党の原子力政策が定まらない。8月6日、広島での平和記念式典に出席した山口那津男代表は、菅首相の脱原発方針について「遠い将来の政策を縛るようなことを、退陣表明した首相が口にするのは無責任だ」と厳しく批判する一方、自らのスタンスについては「さまざまな観点からどう見直すか議論中だ。責任ある具体策を提示する」とお茶を濁した。公明党は8月中に独自のエネルギー政策を出す予定だが、焦点となる原発政策については明確な方針を示せそうにない。というのも、これまで公明党は、自民党と二人三脚で原発を推進してきた前科があるからだ。一方で、支持母体の創価学会からは「公明党の原発推進路線は根底的に見直すべきとの声が強まっている」(学会本部関係者)。党内では現在、実用化の見通しが立たない高速増殖原型炉「もんじゅ」の撤退や、原発からの「段階的縮小」が検討されているが、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。