丹羽中国大使と不仲の横井公使を「お手打ち」

2011年9月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

駐中国日本大使館のナンバー2である横井裕公使が本省に戻ることになり、ほぼ任期満了の異動とはいえ、「不仲」が公然の秘密だった丹羽宇一郎大使による「お手打ち」との見方が出ている。横井氏は79年に外務省に入省したチャイナスクールで、前職は上海総領事。民間出身で外交実務に疎い丹羽大使をサポートするのが役目だったが、丹羽氏は単なる「お飾り」で、横井氏が大使館を仕切ると囁かれていた。ところが、丹羽氏は自らの大使館改革を進めようとした。もともと大使ポストをさらわれた格好のチャイナスクールは陰に陽に抵抗した。丹羽氏が日本からの訪問客と会食する時も、横井氏が監視役として同席することが多く、二人がまったく口をきかないので、ゲストは困惑したという。この頃は官邸筋のテコ入れを受けた丹羽大使有利に傾いていた。「へそを曲げた横井氏は月の半分程度しか大使館に出てこない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。