被災企業を狙う「風評被害対策」詐欺

2011年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災の被災企業に対する「風評被害対策」を勧誘する詐欺事案が発生している。勧誘の文句は「現在、御社様の会社名をインターネットで検索した際、誹謗中傷の言葉が並んでおります」などと、企業側の危機感を煽ることから始まる。次に「こちらの対策方法と致しましては、Yahoo!
やGoogleで貴社名を検索した際に表示される否定的なホームページを正常化していき、また2チャンネルやその他の掲示板SNSに対しても、事実ではない悪評を正しく表示させる対策を実施しております」と、風評被害対策の効果を強調する。さらに、「ネット上で事実とは違う悪評を野放しにした場合、商品購入の中止や優秀な人材が逃げたりする損失が発生する」と被害を並べ上げ、「気がつかないところ、見えないところで、貴社は多大な損失を被っている可能性が高い」と畳みかける。「わずか2年で約400社」「これまでに270 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。