「天ツバ」のマードック叩き

英国の嵐が飛び火。天下のウォールストリート・ジャーナル紙もしどろもどろだが、書生論では犬の遠吠えだ。

2011年9月号 BUSINESS [米国メディアの悪弊]

  • はてなブックマークに追加

2008年1月末、スイスのダボス会議マスコミ分科会に、白髪の老人が遅れて登場した。会場は水を打ったように静まり返る。ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙のアーサー・ザルツバーガー社主をはじめ世界のメディアのトップたちが万雷の拍手で迎えた。当時は76歳だったが、矍鑠(かくしやく)とした足取り。オーストラリアの一新聞社を通信衛星からサッカーチームまで保有するメディア・コングロマリット「ニューズ・コーポレーション」に育て上げたルパート・マードック会長兼最高経営責任者(CEO)その人である。センセーショナリズムで新聞を拡販し、買収を通じてラジオ、映画と多チャンネル路線を展開した。親族を重用し、公私の線引きはあやふやだ。政治にもクビを突っ込む。奇しくも東日本大震災が起きた3月11日に80歳の誕生日を迎えたマードックの生き様は、「新聞王」ウィリアム・ハースト(1863~19 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。