「変人」石破茂政調会長の崖っぷち

世論調査では「次の総理」の有力候補だが、9月人事で政調会長を辞めさせられるかも。

2011年9月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

菅直人首相の延命工作に振り回されっぱなしの政府・民主党幹部に、倒閣戦略を描ききれない自民党執行部と、どちらを向いてもお寒い政界にあって、自民党の石破茂政調会長の人気がうなぎ上りだ。「文藝春秋」7月号の「識者が選ぶ次の総理」では堂々の1位に輝いた。新聞各社の世論調査でも1、2位を争う高評価をキープしている。にもかかわらず、党内からは来年任期切れとなる党総裁選レースで、石破氏を担ごうという声はまばら。自民党内では、例によって別の力学が働いているようだ。石破氏といえば、政界きっての鉄道オタク、軍事オタクで知られ、語り口も風貌も独特だ。熱烈なファンには名前の「しげる」にちなみ「ゲル閣下」と呼ばれ慕われているが、とにかく一般には「変わった人」と敬遠されてきた人物だ。その石破氏の評価が高くなったのは、安全保障と農政という内政外交の両方を語れる安定感に加 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。