悪の道に走る「泡沫」監査法人

ウィングパートナーズ、元和、やよい、ワールドリンクス。食い詰めた公認会計士が何でもあり。

2011年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

公認会計士業界にかつてない不況の嵐が吹き荒れている。大手監査法人では人員削減ラッシュだ。昨年の「新日本」に続き、業界をリードしてきた「トーマツ」までもが8月8日から希望退職者の募集を始めた。導入した「特別退職プログラム」は3年目以上の専門職が対象で、募集人員は約400人。これは対象者の約8%に上る数字だ。退職日は9月末。法人側は再就職支援プログラムを用意する予定だが、退職者には厳しい道が待ち受ける。経営が軒並み苦しくなっているのは、リーマン・ショック以降の景気後退が要因だ。クライアントからは報酬引き下げを求められ、新規株式公開(IPO)も途絶えたことで上場企業数は減少の一途。内部統制報告制度の導入による特需がはげ落ち、いよいよ進退が窮まった。新日本は2009年6月期に約17億円の最終赤字に転落。トーマツも10年9月期、2億円弱の経常赤字に陥り、保険解約益23億 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。