「ええカッコしい」桂三枝の文枝襲名

2011年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

テレビの人気者で、創作落語を作って演じる一方、上方落語協会の会長でもある桂三枝(68)の六代目桂文枝襲名(7月16日、東京で記者発表)には、期待感と意外性の二面の反応がファンの間に広がった。2005年3月、74歳で死去した五代目は、地唄を取り入れた「立ち切れ線香」や、はめものと称する鳴り物をふんだんに使った「浮かれの屑より」「胴乱の幸助」など上方色の強いはんなりとした芸の持ち主。女性を描かせたらピカイチと言われた艶っぽい芸風で、文化庁芸術祭賞、上方お笑い大賞など数多くの賞を受賞している。また、弟子の育成にも熱心で、六代目笑福亭松鶴、三代目桂米朝、三代目桂春団治とともに「上方落語の四天王」と呼ばれて、戦後、絶滅状態にあった上方落語を、現在の約220人の大所帯にまで繁栄させた功労者でもある。上方落語きっての大名跡である文枝を襲名するのは、一番弟子の三枝、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。