タブーに切り込む「おぼうさんどっとこむ」

2011年9月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

8月2日、興味深いシンポジウムが都内で開かれた。主催は伝統仏教教団の連合組織である全日本仏教会(全日仏)。題して「葬儀は誰の為に行うのか」。弔いの意義の再考という一見格調高いテーマだが、具体的には葬儀にかかるお金、特にお布施をめぐるかなり生臭い話。世間の関心は高く、宗教専門紙や出席者によると、数百人入る会場は超満員で、葬送関係者のほか、高齢の一般客の姿が目立ったという。パネリストは、全日仏の事務総長のほか、流通大手イオンの葬祭事業担当者、日本消費者協会のコンサルタント、寺などに関する電話相談を受け付ける仏教情報センター事務局長、僧侶派遣事業を行う株式会社「おぼうさんどっとこむ」の代表取締役(僧侶)。異彩を放つメンバーを揃えたところに、仏教界の切実感がうかがえる。葬送業界に参入したイオンは、葬儀の料金体系を明示し、昨年はお布施についても金額 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。