読者の声

2011年9月号 連載

  • はてなブックマークに追加

7月29日、東京電力に代わり国が原子力損害賠償金の「仮払い」を行う「原子力被害者早期救済法」が成立した。民主党は参議院では反対したが、被害者の早期救済を求める世論に押され、衆議院では一転賛成に回った。政治リテラシーの高い読者をもつFACTAには記録に留めておいてもらいたいことがある。民主党にこの法案に反対するよう根回しを行ったのは、財政支出の拡大を心配する財務省ではなく、事務作業の繁忙化を嫌がる福島県庁だった。被災者の救済よりも役所の都合を優先させてしまったのだ。知事も被害者面をして「○○を国の責任で行うこと」という要望活動をしている。被害者は、総理を信用していないから知事を頼りたいのに、知事のこの姿勢はリーダーとしての信頼を裏切るものである。「県民の生命は知事が守る。必要なことは知事が決断する。国は知事の決断を支持し、必要な財政措置を講じてくれ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。