リクルート「フェイスブック騒動」の背景

2011年9月号 連載 [IT万華鏡]

  • はてなブックマークに追加

リクルートの主力事業である飲食店クーポンサイト「ホットペッパー」と旅行予約サイト「じゃらんnet」の横暴な振る舞いに加盟店から非難の声があがっている。その舞台となっているのは、世界で7億5千万人のユーザーを誇るフェイスブックだ。フェイスブックには企業や店舗などが自由に宣伝ページやクーポンを作成できる無料のツールが揃っているが、リクルートはそれを使って自社サービスの加盟店の宣伝ページを承諾なしに作成したのだ。同社はホットペッパーに掲載されている飲食店情報やクーポンをフェイスブックに勝手に自動転載。もとから自前でフェイスブックを活用していた飲食店から「妨害行為だ」との反発が起こり、問題が明らかになった。6月末には、じゃらんの加盟施設約2万1千軒に対し、フェイスブックページを自動生成するとファクスで一方的に通知。これまた一部の旅館施設から猛反発を受け ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。