モルスタに三度弄ばれた三菱証券

1400億円損失の裏にデリバティブの「飛ばし」もどき。提携先に見抜かれ、食いものにされるとは。

2011年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

前期(2011年3月期)に1400億円を超える損失を計上した三菱UFJモルガン・スタンレー証券が大荒れだ。「東京銀行出身者に市場商品部門を任せていたのが間違いだった。自己勘定のトレーディングは止めて、売買損は出させない管理体制をつくれ」――親会社の三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)からは、管理体制強化と東銀出身幹部排除の指令が下った。背景には数年おきに巨額損失を計上してきた証券部門へのグループ全体の苛立ちがある。証券部門の持ち株会社である三菱UFJ証券ホールディングスの決算でみると、過去10年間の決算のうち、4度も巨額の最終赤字を計上してきている。時には600億円を超える最終黒字を計上した期もあるが、ならしてみれば累積損失は大きく、証券部門はほとんど儲けていない。「お荷物部門」への蔑視と不満が、グループ内には渦巻いているのだ。

パージされた東銀出身者

三菱UFJ証券では、巨額損失の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。