インテルが無敵の「デジタルヘルス」連合

2011年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

次世代の成長市場である健康管理・医療機器のIT化(デジタルヘルス)市場で早くも強者連合が形成された。米半導体大手インテルが唱え、米日欧韓の有力IT、健康・医療機器、製薬メーカーが加わる非営利団体「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」が、世界のデジタルヘルス用通信規格のデファクト・スタンダード(事実上の世界標準)を狙う。対抗勢力とみられた米通信大手クアルコムは最近、コンティニュアの軍門に降った。「より良いヘルスケアの実現」の美名の下に、インテルは自社チップのデファクト化によりパソコンで享受した「ウインテル」の甘い果実の再来を、加盟各社は成長市場での収益確保を目指している。コンティニュアはインテルが音頭を取って2006年6月、血圧計や体重計といった健康機器のIT化の促進や通信規格の世界標準化を目的に結成したNPOだ。当初の参加企業は22社で、IT大手のマイ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。