「増税ポチ」御用学者112人リスト

復興増税は経済学のセオリーにはない。が、財務省が操る「曲学阿世」の徒はやはり東大が巣窟。

2011年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

原子力政策を推進する経済産業省や電力会社と一体化した「原子力村」の専門家たちが、福島第一原発事故では楽観予想が外れまくり、醜態をさらしたことは後世語り継がれるだろう。「曲学阿世」(学問を曲げ世におもねる)の惨害を世に証明してみせたが、では、3.11東日本大震災という100年に一度以上の経済的ショックに見舞われた日本の経済学者たちはどうだろうか。不謹慎かもしれないが、経済学者は大きな経済危機が好きだ。70年前の世界大恐慌は、ケインズ経済学を生み出し、マクロ経済学の発展に大いに貢献した。先のリーマン・ショックでも、世界の経済学者はこぞって大危機を解明し、画期的な処方箋を示す新しい経済学を生み出そうとした。今のところ、まだ成功した人はいないようだ。大恐慌研究の世界的な権威であるベン・バーナンキFRB(連邦準備理事会)議長の大胆な金融緩和(QE1とQE2)で、回 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。