孫正義が狙う東電「送電網」

脱原発は口実。経産省幹部らとの会食での本音は、原子力部門分離後の切り売りを狙う「ハゲタカ」だった。

2011年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「エイ、エイ、オー!」フジテレビのニュースキャスターから神奈川県知事に転身した黒岩祐治の合図に合わせ、会場に参加者の掛け声が大音声となって響き渡る。異様とも思える熱気だった。6月26日、黒岩の音頭で「太陽経済かながわ」と銘打つイベントが横浜市内で開かれた。ブームとなった「脱原発」の掛け声に、会場は1300人を超える入場者であふれ返っていた。お目当ては、あの人、孫正義ソフトバンク社長である。東日本大震災後に自ら福島に足を運び、私財100億円をポンと寄付して脱原発を謳う財団を設立した。そして本誌前号の記事(「孫『メガソーラー音頭』の肚の中」)で報じたように、休耕田を利用した「メガソーラー」の伝道師になるなど、なにかと人騒がせな人物である。孫の呼びかけで35道府県が参加する「自然エネルギー協議会」が設立されたが、黒岩も参画を表明した知事のひとり。この日の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。