飼い主と犬猫が同時高齢化「ペット保険」が急成長

2011年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

人の世の「高齢化」と歩調を合わせるように、ペットも急速な「高齢化」が進んでおり、ここ数年、病気を患い、寿命を迎える犬猫が急増している。国内で飼われている犬猫の数は、ペットフード協会によると犬は1186万1千匹、猫は961万2千匹。特に犬は今世紀に入ってチワワやプードルなどの小型犬がブームとなり数が急増した。同協会の調査によると犬の平均寿命は13.9歳、猫は14.4歳。多くの犬猫が飼い主とともに高齢化し、「老犬期」「老猫期」を迎えた結果、獣医にかかる件数が増加。動物病院が繁盛し、病院数も05年の約9500軒から09年には1万軒を超えた。犬猫の高齢化とともに病院費用の負担が増大し、ペット保険に対するニーズも高まっている。ペット保険最大手のアニコム損保の09年3月末の契約件数は約24万件だったが、この5月末に35万件に達した。そのうえ、近年、ペットの死体処理を行わない役所や保 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。