サルコジが首切った「原発アンヌ」

アレバといえば、福島原発汚染水処理で協力する仏原子力大手。その辣腕CEO更迭劇の裏。

2011年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

福島第一原発事故が起きた3月の末、フランスのニコラ・サルコジ大統領とともに日本に飛んできた辣腕女性経営者「アトミック・アンヌ」を覚えているだろうか。そのサルコジ大統領が断を下した結果、彼女は6月末をもって退任させられたのである。彼女とはフランスの原子力大手アレバを約10年間率いてきた51歳のアンヌ・ローベルジョン最高経営責任者(CEO)。後任には国際マーケティングとプロジェクトを担当していた最高執行責任者(COO)リュック・ウルセル(51)が昇格した。何が起きたのか。フランス産業界の宝石「アレバ」という巨大企業の頂点に立ち、アレバの名を内外で広く知らしめ、米フォーチュン誌の「世界で最も影響力のある女性」にも名を連ねた仏産業界きっての女性経営者が、なぜ更迭されたのか。

総合原発企業に仕立てたが

実はローベルジョンが2期目の任期満了をもって退任するとの観測は、昨年前半から広まって ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。