「メルトダウン」と言葉の虚しさ

『ルポ 東京電力原発危機1カ月』『福島原発の真実』

2011年8月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災から4カ月。被災地の復興策、原発の可否など将来に向けた議論が盛んだが、巨大地震の災害は、東京電力福島原子力発電所の事故をはじめ現在進行形であり、未だ出口を見定められずにいる。現状を知らずに将来を議論しても、迷路に踏み込むだけだろう。そこで、福島原発に関する二つのレポートに目を通した。一冊は3月11日の震災発生直後から東電本社に詰め、1カ月間、記者会見の内容を細部まで記録した朝日新聞記者、奥山俊宏氏のルポ。もう一冊は、1988年から2006年まで福島県知事として、プルサーマル計画をめぐって政府、東電と対峙した佐藤栄佐久氏の告発の書。原発事故の推移は多くのメディアで伝えられているが、終始東電本社で取材した記者の記録は、さすがに臨場感あふれ、詳細にわたる。震災翌日、原子炉格納容器内の圧力が高まり、ガス抜きのベントをする際も、未明の会見で東電の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。